« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月30日 (金)

私とパードレ 新沢 誠

あれは2011年のことでした。東日本大震災が3月に起こったあと、日本中が節電に一生懸命なときの夏の出来事でした。


これまでも職場の仲間とサッカーチームを組み、細々と試合のみのサッカーライフを続けていました。

しかし、10代、20代相手の試合はやはり、40歳近くの皆も寄る年波には勝てないこと、また、新入部員の激減も重なり、泣く泣く廃部を決意し、解散に至りました。

解散してから、日々の節電はそれなりの充実感はありましたが、体を動かせないジレンマは溜まる一方でした。

やはり、何かしらの運動が自分には必要であることに気付かされました。


そんな暑いある日、「多摩市にシニアサッカーチームは無いものか」と、ふと思い、PCで検索しました。そこで見つけたのがパードレとの初めての出会いでした。

「あるじゃん!」と思い、このホームページを見ていくと、毎週土曜日に宝野公園で練習を行っているとの事。「早速見学がてら見に行こう!」と思った瞬間、「行かれないじゃん!!」。

この時期は震災の影響で9月末まで節電のため会社が月、火曜休みだったのです。

泣く泣く、10月になるのを待ちました。


そして、待ちに待った2011年10月某日の土曜日、前日に増田代表に体験入部の連絡をし、8時前に宝野公園へ行きました。

一番に嬉しかったことは、どこの馬の骨とも知れない自分を、皆さんが歓迎してくれ、練習中も気さくに話しかけてくれた事です。

やはり、一人で知らないところに飛び込むのはそれなりに勇気が必要だったのですが、すごく安堵したのを今でも覚えています。

初日の練習で「よし!人生最後の所属チームはPADREで決まりだ!」と心に決めました。


それからと言うもの、都合の付く日は練習に出向き、皆と一緒にひとつのボールを追い駆ける週末が楽しみになりました。


ここで自分なりにPADREの特徴でもあり、長所(!?)をまとめてみたいと思います。


1.皆フランク

自分以降も様々な方が入部されていますが、サッカーが好きであればWelcomeです。また、先程も書いたとおり、すぐ仲良しになれます。


2.ヤジが普通のチームよりひどい

これには、最初、戸惑いました。

しかし、このヤジが、サッカーとチームメイトを愛するがゆえの言動であり、なかなか他のチームには出来ない事かと思います。

稀に言い合いになったりするのもご愛嬌。練習や試合が終われば恨むようなことは起きません。


3.異常な参加人数

練習に通いだして驚いたのは、毎回、20人前後の人数が集まり、必ずGameが出来ることです。

社会人の練習ではこの点がなかなか出来ないことかと思います。土曜の早い時間帯に練習があることと、皆が本当にサッカーが好きな証拠でしょう。

大先輩たちとサッカーをやっていると、最近気付いたことがありました。

今までは、自分の持てる力を発揮してサッカーを楽しむことに重点を置いていました。

しかし、これからは上手に歳を取ることが重要になります。これは、サッカーにも当てはまることであります。

今年から、アラフィフの仲間入りです。

もっと技術力を高め、「サッカーでの上手い歳の重ね方」をして行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月27日 (火)

2月練習スケジュール

2/07(土)貝取南 10:00-12:00
2/11(水祝)貝取南 10:00-12:00
2/14(土)貝取南 10:00-12:00
2/21(土)貝取南 10:00-12:00
2/28(土)貝取南 10:00-12:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩シニアリーグ ブロック優勝

1/25(日)の試合を逆転2-1で最終戦を勝利して多摩シニアリーグ O-50 ブロック優勝をしました。戦績は、5勝3分勝ち点18でした。2/1の決勝トーナメントも楽しみたいと思います。

1422309931401.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

O-40リーグ戦結果

1/18(日)南多摩グランドで強豪の稲城と対戦し、後半なんとか追いついて2-2の引き分けに終わりました。みんな最後まで諦めずによく頑張りました。残り2試合全力投球です。

1421665069516.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

蹴り始め

多摩パードレは、本日1/3めでたく蹴り始めを行いサッカーを始動しました!

1420263159489.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »